Japanese

カリフォルニア印象派(California Impressionism )」および「カリフォルニアプレインエアペインティング(California Plein-Air Painting )」という用語は、アメリカのカリフォルニア州の自然環境で直接戸外(戸外制作 – en plein air)で働いた20世紀のカリフォルニアアーティストの大きな動きを表している。 彼らの作品は、20世紀になってから最初の30年間、サンフランシスコベイ・エリア南カリフォルニアで人気を博した。 アメリカ印象派の地域的なバリエーションであると見なされ、カリフォルニアプレインエア学校の画家はカリフォルニア印象派とも呼ばれる(用語は同じ意味で使用される)。

カリフォルニア印象派のアーティストは、内陸部と沿岸部の麓、山、海岸、砂漠など、カリフォルニアの風景を描いた。 カリフォルニア印象派は、1920年代初頭から半ばにかけて、品質と生産性の面で開花しました。 カリフォルニアプレインエアの画家たち[1]は、フランスの印象派ポスト印象派からの影響を示し、「ルーズな」絵画風の筆細工を使用し、明るい色彩のパレットで通常ペイントした。 これらのアーティストは、カーメルバイザシー、ラグーナビーチなどの芸術村や、サンフランシスコ、ロサンゼルス、パサデナなどの都市に集まった。

 

初期のアーティストの絵画は、次の美術館に展示されている。

–カリフォルニア州アーバインにあるアーバイン博物館(https://www.irvinemuseum.org/

–カリフォルニア州ラグーナビーチにあるラグーナビーチ博物館(https://lagunaartmuseum.org/

–カリフォルニア州パサデアにあるパサデナ博物館(https://www.nortonsimon.org/

–カリフォルニア州サクラメントにあるクロッカー博物館(www.crockerart.org

 

アーティスト

 

カリフォルニアの初期の印象派アーティストの多くは、ヨーロッパのパリにあるさまざまなアカデミーで学び、フランスの印象派の弟子であった。学校のトップアーティストの1人であるガイ・ローズは、ジヴェルニーの画家であるクロード・モネと実際に絵を描いていた。彼らは留学中にヨーロッパをツアーし、この地域で膨大な量の作品を作成した。物事が落ち着いたばかりのときにカリフォルニアに戻り、彼らの技術的なトレーニングと、手つかずの自然の美しさへの多大な情熱が組み合わさり、深遠で質の高い芸術の歴史に独特で永続的な期間を作り出した。フランスの印象派に触発された基盤から、戸外(戸外制作)で絵画する方法により、アーティストは光と雰囲気の印象を把握して伝えることができた。 彼らは、このスタイルをよりアメリカ的な解釈(色と筆使いの感覚が強い)に変更した。学校内には北部と南部の芸術家グループがあり、その境界線はサンタバーバラであり、彼らの作品は2つの地域の光の違いを反映している。涼しい気候と沿岸霧の季節がある北部地域は、涼しいカラーパレットを使用している。逆に、暑い気候と明るい日差しのある南部地域は、暖かく、しばしば落ち着いた色調を使用して作品を制作していた。両校の絵画を鑑賞すると、1世紀前のカリフォルニアの様子を理解し、この州が世界中から献身的なコレクターベースを確立した理由が分かる。

 

プレインエアの画家のほとんどは東部、中西部、ヨーロッパから来ており、ガイ・ローズ(1867年〜1925年)などの初期の芸術家の数人だけは、実際にカリフォルニアで生まれ育った。プレインエア学校に参加した最も著名な人物には、前述のガイ・ローズ、ウィリアム・ウェント(1865年~1946年)、[4]グランビル・レドモンド(1871年~1935年)、アーサー・ケイン(1865年~1949年)、エドガー・ペイン(1883年~1947年)、アーミン・ハンセン(1886年~1957年)、ジャン・マンハイム(1861年~1945年)、ジョン・マーシャル・ギャンブル(1863年~1957年)、フランツ・ビショフ(1864年~1929年)、ウィリアム・リッチェル(1864年~1949年)、アルソンS.クラーク(1876年~1949年)、ハンソン・パサフ(1875年~1972年)、マリオン・ワクテル(1875年~1954年)、およびジャック・ウィルキンソン・スミス(1873年~1949年)[5] などがいる。これらのアーティストのほとんどは、カリフォルニアに引っ越した際に、既に芸術の分野で訓練を受けており、その到着時間は1900年から1920年代の初めの間であった。

 

現代アーティスト

 

カーメルファインアートギャラリーでは、上記のアーティストに加えて、印象派の絵画スタイルである「平野絵画」の次の現代芸術家の絵画も展示している。

 

アーティスト名:ジョン・バートン、レイ・カーペンター、マイケル・カウルズ、スコット・クリステンセン、ジョン・コスビー、ギル・ディリンガー、カール・デンプウルフ、スターリング・ホフマン、ダグラス・ポール・モーガン、ロドルフォ・リバダマール、およびジョン・トレイナー。

これらのアーティストは、カーメル、モントレー、ポイントロボス、カリフォルニアコーストの周辺の美しい風景や海の風景を描く。

 

カール・デンフォルフ画家が制作した1枚の絵は、2015年にドイツのベルリンでアメリカ大統領のバラク・オバマからドイツ大統領のアンゲラ・メルケルに贈られた。

 

そして最後に重要なことだが、現代の画家の作品は、初期のアーティスト・画家の作品の投資よりも経済的に言えば手頃な価格だと見なされている。